風水感覚を磨く♪居心地の良さがポイント

風水の鑑定をしていて感じること・・・

風水にはいろいろなセオリーがあります。
氣の流れをよくするための形状、家具の配置、方位、インテリア、カラー使い、ラッキーアイテムなどなど。

セオリーばかりを気にしてしまうと、不思議なラッキーアイテム(?)をそこかしこに置くことになったり、使い勝手の悪い部屋の配置になったり、好みとは違うカラーをたくさん使って落ち着かない空間になったり・・・

あれれ?と感じながらも「でも風水ではこうなの・・・」と無理に納得させながら暮らすのは、本来の風水とは違ってしまっています。

おうちの風水は本来、自然にある氣を感じて、良い氣の流れを家の中に取り込み、良い氣で家の中を満たすためのものです。

「あれれ?」と感じるところには、自分にとっての良い氣は流れていないんじゃないかなぁ~と思いませんか?

良い氣がたっぷり流れている場所は、なんとなく居心地のよさを感じるはず!この居心地のよさが大切なんです。

その場所にいると、

ゆっくりしたくなる
気分がワクワクしてくる
なんかしあわせな気分になる
いいアイデアが浮かぶ・
勉強や仕事に集中できる
などなど♪

こんな気持ちを感じる環境を作ることが、本来の風水の目的です。
居心地のよさを感じるセンサーの感度を上げていくことが、自分に必要な風水を選ぶポイントです。
いろんなセオリーの中には、自分の嗜好と異なるものもきっとあるでしょう。
居心地にのよさセンサーを高めることは風水感覚を磨くこと。
風水感覚を磨いて、たくさんある風水メソッドの中から自分にピッタリなものを実践していきましょう。

玄関の鏡☆風水的運気アップな飾り方

風水では、氣の流れを調整して、居心地のよい空間にするために、鏡をよく使います。鏡は使い方次第で、よい風水を作れるアイテムですが、使い方によっては悪い風水となってしまいます。

悪い風水となる代表的な使い方は、玄関のドア正面にある鏡。

風水では、フレッシュでよい氣は玄関から入ってくると考えます。玄関のドアを開けて、真正面に鏡があると、せっかくドアから入ってきたよい氣の流れが、鏡に反射して、またドアから出て行ってしまうんです!

あらら、大変!ですね~。
といことで、玄関のドア正面には鏡は取り付けないようにしましょう♪

でも「うちの玄関は、正面に鏡があります・・・」という方もいらっしゃるかもしれませんね。

そういう場合は・・・

鏡を移動できるなら、移動するのが一番です。
移動が難しい場合・・・鏡を使うとき以外は、素敵な柄の布をかけておくのはいかがでしょう。姿鏡が取り付けてある場合は、暖簾やカーテンのようにしてもいいですね。

明るい色合いの布を選べば、玄関が明るくなります♪明るい玄関はよい風水です♪

また、季節ごとに布を替えることで、季節に合った雰囲気も演出できて素敵♪季節感があるというのもよい風水です♪

玄関に鏡を置きたいときは、ドアの左右どちらかに配置するようにしましょう♪

玄関は運の入り口♪

玄関は、いい「氣」が入ってくるとても大切な場所です。
いい「氣」は、清潔で整理整頓された場所を好みます。

ということで…
玄関の掃除はちょっと念入りにしてみましょう♪

なんかプラス志向になれないなぁ・・・というときは、玄関のたたきをピカピカに拭いてみるとすっきり気分よくなります♪

いい「氣」は、明るいところを好みます。

玄関は、明るい雰囲気に整えるがお薦めです。

外からの日差しがない玄関は、照明で補いましょう。

玄関に棚があるなら、お花や小ぶりのグリーンを飾りましょう。
植物は枯れてしまうと逆効果なので、いつも新鮮な感じをキープしてくださいね♪

すっきりと明るい玄関が、風水的にはラッキーです♪
いろいろな開運グッズを置く前に、すっきり明るい玄関を演出して、いい「氣」をたっぷり取り込みたいですね。